pixta写真販売稼ぐコツ♪写真作品制作撮り方構図も大切です!!

写真・イラスト・動画の素材サイトPIXTAピクスタpixta売れないではなく「売れる」です。写真販売で稼ぐコツ・売るコツ・売れるコツ。写真作品制作の撮り方・構図も大切です。撮り方・構図も工夫して、あなたの写真を売れるようにしましょう。素材をご使用してくださるお客様のことを頭に入れて作品制作しましょう。お客様目線・ユーザー目線が大切です!!

 

スポンサードリンク

 

写真・イラスト・動画の素材サイトPIXTA主婦クリエイターの遥花と申します。

PIXTAで写真を販売しております。
登録して8年目に入りました。(^^)/

PIXTA累計販売枚数は4,000枚を超えました!!

 

コツコツと続けていけば、あなたにも出来ます!(^_-)-✩
PIXTAで副収入・プチ稼ぎ出来ますヨ♪

 

pixta写真販売で稼ぐコツ♪売るコツ・売れるコツ

 

pixtaで写真を販売して稼ぐには、たくさんのコツがあります。
売るコツ・売れるコツがあります!!

ただ、写真を撮っているだけではダメですヨ。

 

PIXTAクリエイターになる前は写真が趣味でも、
クリエイターとして活動していくのなら、

これからは、PIXTAのこと、
写真をお仕事として考えて
取り組んでいく方が良いと思います。

 

PIXTAピクスタの作品制作をするときに、
あなたの作品・素材を購入してくださる
お客様のことを考えながら作品制作・撮影しましょうね。(^o^)

 

 

スポンサードリンク



 

横位置だけ・横位置ばかり撮影していないかな?

pixta用の作品を制作するとき、写真撮影をするときに、
横位置だけで撮影していませんか!?

「そんな人いないでしょう」と思うかもしれませんが、
そういう方が実際に、クリエイターさんの中でいらっしゃいます。

その方の販売ページを見せてもらうと・・・
全部が全部、横位置で撮影されていらっしゃるんですよね・・・

 

趣味で、ただ撮っているのでしたら、
横位置だけでも良いですが、

PIXTAクリエイターとして
「写真を販売したい! 」、「写真を売りたい!」のでしたら、
横位置だけでは、ダメですね・・・

素材を使用してくれるお客様のことを
常に考えましょうね。(^_-)-☆

お客様目線・ユーザー目線が大切です!!

 

pixta作品制作のコツ♪ 横位置と縦位置両方撮影する!!

 

基本中の基本です。!(^^)!

 

横位置で写真撮影は、カメラを持ちやすいですし
撮りやすいですよね!

ですが、横位置の作品だけじゃなく、
同じ構図・アングルで縦位置も撮影しましょう。

同じアングル・構図で横位置・縦位置両方撮影してください!!

 

横位置の素材が欲しいお客様もいますし、
縦位置の素材が欲しいお客様もいます。

 

作品制作のときに、常に素材をご使用してくださる
お客様のことを頭に入れておくようにしてくださいね。(*^_^*)

 

pixta作品制作のコツ♪ アップで撮影したりいろいろ撮影しよう!

 

同じ被写体をいろいろな構図で撮影した方が良いです。!(^^)!

 

テーブルフォトを例にしてご説明しますね。

被写体の全部が入るように横位置・縦位置を撮影したり、
アップで横位置・縦位置を撮影したり、
立っている状態で俯瞰、真上から横位置・縦位置を撮影したり、
イスに腰かけて横位置・縦位置を撮影したり、

 

いろいろな構図・アングルで撮影しましょうね。(^_-)-☆

 

私は、テーブルフォトが多いですが、
一つの被写体で30枚以上撮影しています。
50枚前後撮影することが多いかな!?

 

いろいろなアングルで横位置・縦位置を撮影すると、
あっという間に時間が経ってしまい、
撮影枚数も、すぐに50枚前後いってしまいます。

なるべく多く、枚数を撮影した方が良いですね。
パソコンに取り込んで、確認してみると、
ブレていたり、ピントの位置が違っていることもありますから。^^

 

まとめ

作品の制作・写真撮影するときは、
あなたの作品・素材をご購入してくださるお客様のことを考えて、
同じアングルで横位置・縦位置 両方を撮影しましょうね。(*^_^*)

被写体を全部入れて撮影したり、アップで撮影したり
いろいろ撮影することが大切です。

一緒にピクスタのことを頑張りましょうね。

✿最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。✿

 

スポンサードリンク



 

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ