pixta画像で収入稼ぐコツ制作休むことも大切!マイペースでね

ストックフォト画像・イラスト・動画素材サイトPIXTAピクスタpixta画像で収入稼ぐことが出来ます♪ノルマはありません。焦る必要がなく自分のペースで活動できますヨ♪
登録料無料・年会費無料です。主婦も稼げる!モチベーションが低いときは作品の制作を休むことも大切です。pixtaマイペースで続けることが大切です。

 

スポンサードリンク

 

私のブログに訪れてくれてありがとうございます。(*^_^*)
PIXTA主婦クリエイターの遥花と申します。
PIXTAでまる7年間活動しております。
8年目に入りました♪

たくさんの方が私のPIXTAの記事を読んでくれていますね。
それだけ、多くの方がPIXTAの活動で
「悩んでいる」と思います。

 

PIXTAの活動で悩んでいるあなたを応援したい

私は、トップクリエイターではありませんが、
PIXTAの活動を長年続けてきていますので、

「心の持ちよう」をアドバイスすることは出来ます。(^o^)
悩んでいるあなたを応援したくて、
このブログを立ち上げました。

右側や下の方に、
PIXTA関連の記事がたくさんあります。

ぜひ、読んでみてくださいね。

自分で思っていても、
他の人に言われると「気づく」こともありますよね。

 

悩んでいるあなたが、
少しでも元気が出てくれたら嬉しいです。(#^.^#)

 

スポンサードリンク



 

 

「PIXTAクリエイターとして大切なこと」は!?

 

pixtaクリエイターとして活動をスタートしたら
大切なことは一つや二つではなく、
たくさんありますね。!(^^)!

 

PIXTAピクスタpixtaに登録後、
途中で辞めないで続けることが
一番大切です!!

 

ピクスタノルマありません。

月のアップロード許可枚数というものがありますが、
全部の枚数をアップしなければならない、
ということもありません。

ですから、
自分のペース・マイペースで進めることが出来ます♪

 

ノルマがないのでマイペースで出来る。

焦る必要は絶対にないですからね。(^_-)-☆

少しずつでも、
ゆっくりでも、
途中で辞めないで続けることが大切ですヨ。!(^^)!

 

疲れたときには、PIXTAのこと少しお休みしましょうね。
次に、そのことについて書きますね。^^

 

PIXTA作品制作のコツ♪
モチベーションが低いときは思いきって休もう!!

 

PIXTAピクスタpixtaの作品制作のコツです。

これは、私がしていることでおすすめしたいですね。(^o^)

人間ですから、
毎日「モチベーションが高い」なんて ないですよね!

モチベーションが低いときの方が多いと思います。

朝、嫌なことがあったりすると、
一日中気分がモヤモヤしていたり、

風邪をひいたり、体調が悪いときも
モチベーションが低くなってしまいます・・・

 

審査申請した作品が全部NGだったり、
ほとんどNGなんていうときも、
モチベーションが下がってしまいますよね。

モチベーションが低いと、
pixtaクリエイターとしての活動にも影響してしまいます・・・
困りますよね・・・

 

モチベーションが低いときは・・・!?

 

モチベーションが低いときは、
思いきって休むことも大切です!!

 

2~3日や1週間、~2週間。

ノルマがないのですから、
お休みしても大丈夫です。(^_-)-☆

 

その間、何をしたら良いかといいますと、

お仕事・家事・子育てで、疲れた体と心を癒してくださいね。

気分転換&リフレッシュしてくださいね♪

モチベーションが低いときは、
作品制作しても良い写真が撮れないと思います。

 

数日間お休みすると、
自然にまた「撮りたい!!」という気持ちになりますヨ♪
だから、
少しお休みしても大丈夫です。(^_-)-☆

 

モチベーションが高くなると、
イメージ通りに撮れたり、良い写真が撮れますヨ♪

 

モチベーションが低いときは無理をしないこと

 

モチベーションが低いときは誰にでもあること。

そんなときは、思い切って少しお休みしましょうね。

 

❀何日か休んでいても、
「前向きな想いがあれば大丈夫」
あなたは確実に前に進んでいるよ。❀

 

まとめ

 

PIXTAクリエイターとしての活動は、
大切なことがいろいろあります。
一番大切なことはマイペースでコツコツと続けることです。

次は、モチベーション維持かな?
モチベーションを維持する工夫をしながら、
一緒にピクスタのことを頑張りましょうね。(*^。^*)

✿最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。✿

 

スポンサードリンク



 

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ