ガーデニング初心者育て方簡単なアジサイ♪デメリットが気になる!

梅雨の時期を代表する初夏の花紫陽花アジサイ♪ガーデニング初心者でも育て方は簡単です。ピンク色ブルー青色紫色グラデーションの花色がキレイです。紫陽花アジサイのメリットはたくさんありますが、紫陽花アジサイのデメリットが気になりますよね!あじさい紫陽花アジサイの画像とメリット・デメリットなどをお伝えしますね。

続きますね。(^-^)

 

スポンサードリンク

 

初夏・梅雨の時期になると紫陽花アジサイが次々と咲いて、

とてもキレイですよね(^O^)

 

紫陽花アジサイの画像を載せますね♪

 

 

こちらは、「ガクアジサイ」です。

 

友達に茎をもらって、挿し木して根付いたものが、
こんなに大きな株になりました(*´ω`*)

アジサイはとても大きくなってしまいます。

 

 

スポンサードリンク



 

梅雨の花紫陽花アジサイ  メリット・良い点がたくさん(^O^)

 

初夏・梅雨の花紫陽花アジサイのメリットはたくさんあります(^O^)

 

まず第一に、

紫陽花アジサイは、ガーデニング初心者さんでも
育て方が簡単なところです。

植えておくと、毎年花を咲かせてくれます(^-^)

 

梅雨のうっとうしい時期に、

グラデーションのキレイな花色で、
心を和ませてくれるところも
梅雨の時期を代表するアジサイのメリット、良い点です。

 

毎年、だんだんと株が大きくなってきて、
花数もだんだん増えてきます。

植えて数年経つと、大きい株になって、

花数もたくさんになり、
紫陽花アジサイ見ごたえがあります♪

 

 

こちらの画像の紫陽花アジサイの品種名は
ブルーステッキ」です。

 

1株でこんなに花数がたくさん♪

見ごたえがあります(^O^)

 

梅雨の花紫陽花アジサイ デメリットが気になる!!

 

 

 

紫陽花アジサイは、良い点・メリットがたくさん♪あるのですが、

紫陽花には、悪い点・デメリットもあるんですよね・・・

 

ながいあいだ植物を育ててきて、

ガーデニング歴が長いですので、

わかったことがあるのですが。。。

 

紫陽花アジサイは、
苗木を買ってきて植えたばかりは、
まだ小さいのですが、

年々株が大きくなってきます。

 

大きくなってしまって、隣に植えてある植物と
くっついてしまった・・・!!(^_^;)
というようなことも・・・
年々高さも大きくなってきて、
大人の女性の身長を越えてしまいます

 

ですから、

高さを抑える剪定も必要になってきます

剪定(せんてい)とは、茎(枝) を切ることを言います。

 

紫陽花アジサイ高さを小さくする方法と時期は!?

 

 

紫陽花アジサイ高さが大きくなってしまっても大丈夫です(^-^)

 

アジサイは落葉樹、秋の終わりに葉が落ちます。

 

11月の終わり頃から2月くらいに、
茎(枝)を短く切ります。
剪定ですね(^-^)

 

古い枝は、根元から切ります。

細い枝も根元から切ってしまって大丈夫です。

 

ハサミで切らなくても、
古い枝は手でポキンと簡単に折ることが出来ますヨ(^-^)

 

3月に紫陽花アジサイの新しい葉が出てきます。

そのまえに高さを抑える剪定と、
古い枝を取り除き、
アジサイの株を整理しましょうね(^_-)-☆

 

まとめ

紫陽花アジサイのデメリットは、
株がとても大きくなってしまうことだと思いますが、
株を小さくする剪定と株のお手入れをすれば大丈夫です。
ガーデニング初心者の方でも育て方は簡単ですヨ(*´ω`*)

一緒にガーデニングを楽しみましょうね。

 

✽最後までお読み頂いて、ありがとうございました。✽

 

スポンサードリンク



 

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ