ガーデニング初心者向けおすすめの夏の花アジサイ植えっぱなしOK♪

ガーデニング初心者向けオススメの夏の花はアジサイです(^O^)植えっぱなしで大丈夫です!がアジサイを育てていてメリット・デメリットがあります。紫陽花は毎年咲いて育て方は簡単です。たくさん品種があって梅雨の時期目を楽しませてくれますヨ♪

 

続きますね。(^-^)

 

スポンサードリンク

 

ガーデニングを楽しむのに、
パンジーやペチュニアなどの一年草も良いですが、

庭や植木鉢・プランター、花壇に植えるなら、
植えたら植えっぱなしで毎年咲く花が良いですよね(^O^)

 

ガーデニング初心者さんでも大丈夫(^_-)-☆

育て方が簡単で、
私がおすすめしたい初夏・夏・梅雨の花はアジサイです(^O^)

 

ガーデニング初心者向けおススメ初夏・夏の花はアジサイ

 

ずばり、アジサイは育て方はとても簡単です!!
ガーデニング歴が長い私が、

ガーデニング初心者さん、仕事や家事に忙しい主婦に
おススメしたい初夏・夏の花です(^O^)

紫陽花植えっぱなしで大丈夫です♪

一年草とは違いますので、
植えたら毎年花が咲きます。

 

 

スポンサードリンク



 

 

初夏・夏・梅雨の花アジサイ メリット・デメリットは!?

 

我が家の庭には、30株くらいのアジサイを植えてあります。

庭植えにしたり、

植木鉢に植えたりしています(^-^)

 

長年アジサイを育ててきて、
私が感じた紫陽花アジサイのメリット・デメリットをお伝えしますね。

個人的な感想ですので、ご参考までに(^_-)-☆

 

紫陽花アジサイのメリット

✩植えっぱなしOK♪

一度庭植え、花壇植え・プランター植え・鉢植えにしたら、
植えっぱなしで良いことですね♪

一年草ではありませんので、毎年花が咲きます(^O^)

 

✩毛虫が付かない

春や夏は毛虫が発生する時期ですが、

アジサイに毛虫が付いているのを見たことがないです!

 

毛虫、イヤですよね・・・(/ω\*)

紫陽花アジサイは毛虫付かないので大丈夫です(^_-)-☆

 

✩色々たくさんの品種がある

紫陽花アジサイは色々たくさんの品種があるんです(^O^)

西洋紫陽花(ハイドランジア)とよばれている品種や

柏葉紫陽花、

山紫陽花、

たくさんの品種があります♪

 

色々な品種の紫陽花アジサイに魅了されて欲しくなり、

次々と植えて、

我が家の庭には約30株ものアジサイがあるのです(*´ω`*)

アジサイ、綺麗でかわいいですヨ♡

 

✩花の少ない時期に目を楽しませてくれる

 

春は花が多い季節なのですが・・・

初夏・夏の時期は春よりも花が少ない時期になります。

 

そんな花の少ない時期でも大丈夫です!

アジサイは、花が少ない時期に咲いて
目を楽しませてくれるんです(^_-)-☆

 

今日は5月30日です。
我が家の庭のアジサイが色付いてきました♪

もうすぐ、梅雨の時期に入りますが、
庭のアジサイが目を楽しませてくれることでしょう♪
楽しみです(*´ω`*)

 

 

さて、そんな紫陽花アジサイのデメリットも気になりますよね。

 

紫陽花アジサイのデメリットは!?

個人的な感想ですヨ。

ご参考までに(^_-)-☆

 

✩だんだん株が大きくなる 

庭植えして2~3年くらいはまだ大丈夫ですが・・・

アジサイは、だんだん株が大きくなってきます。

高さと幅が大きくなってきます。

年数が経つと、1メートル50センチを越えてしまいます。

ですから、植えるときには広いスペースの所に植える必要があります。

 

✩アジサイは落葉樹 掃除が大変(^_^;)

 

紫陽花アジサイは落葉樹です。

秋の終わりに葉が全て落ちてしまいます。

葉が落ちてしまいますと、葉が散らかってしまいますし、

風が吹くと、お隣の敷地に葉が飛んでいってしまうことも・・・!!

落ちた葉を掃除する必要が出てきます。

 

私は、掃除する手間が大変だと思っています。

1~3株くらいでしたら、
それほど掃除もそんなに大変ではないかもしれませんが、

我が家のようにたくさん植えてありますと、

落葉後の掃除が大変ですね(´・ω・`)

 

✩紫陽花アジサイ株が大きくなると剪定作業が大変

 

花が終わると茎(枝)を剪定する(切る)のですが、

株が大きいと、それだけ茎(枝)がたくさんあって、
剪定作業が大変です。

これは、株を大きくしないようにすると大丈夫です。

高さを切り詰めたり、
古い枝を地際から切って取り除いたりすれば、
株を小さくすることが出来ます(^-^)

 

紫陽花アジサイの水やりは!?

 

アジサイは水が大好きな植物です。

葉がしおれていると「水が足りていないサイン」です!

アジサイがしおれていないか、
注意して見てあげてくださいね(^_-)-☆

 

ムシムシ暑い時期は、朝と夕方2回水やりして大丈夫です。

暑い時期は、土が乾いてしまいます。

朝水やりしたり、夕方水やりしたりしましょうね。

 

なぜ、水やり朝か夕方おすすめかといいますと・・・

昼間水やりすると、せっかく水やりしても
すぐに乾いてしまいますし、
土の中の水が熱湯を与えたような状態になってしまい
根を痛めてしまいます。

ですから、水やりは朝か夕方が良いのですヨ(^-^)

アジサイだけじゃなく、他の植物にもいえることですね。

 

まとめです(^-^)

ガーデニング初心者さんにおすすめしたい
初夏・夏・梅雨の時期の花は、
紫陽花アジサイです(^-^)

梅雨でうっとうしい時期に、
綺麗な花色で心を和ませてくれます。

 

一緒にガーデニングを楽しみましょうね(*´ω`*)

 

✽最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。✽

 

 

スポンサードリンク



 

 

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ