PIXTAピクスタストックフォト写真制作差別化しましょう

ストックフォトサイトPIXTAピクスタ写真を撮影して、作品を制作するときは差別化することも大切です。ストックフォト売るコツ・売れるコツです。小物を使用して差別化する方法と仕方をご説明しますね。制作したら編集作業のタグ付けも大切です。

続きますね。(^-^)

 

スポンサードリンク

 

 

画像・動画の素材サイトPIXTAピクスタには、
たくさんの人がクリエイター登録をして活動されています。

PIXTAには、たくさんの数の作品・素材が登録されています。

 

今この記事を書いているのは3月です。

これからのイベントで母の日があります。

「母の日」と今検索してみますね。

2017年3月現在、
写真・イラスト素材が、104,805件も出て来ました。
すごい数ですね!!

 

「母の日」をテーマに決めて、
物撮りする場合、

たくさんの作品の中から、
あなたの作品を見つけてもらえるように
「差別化する」ことをおススメします(^-^)

 

 

スポンサードリンク



 

 

私は、トップクリエイターではありませんが、
PIXTAピクスタでクリエイターとして
長く活動をしていますので、

ほんの少しのことでしたら、

初心者目線でお伝えすることが出来ます。

私の作品制作の仕方・方法ですので、

ご参考までになさってくださいね(^-^)

 

ストックフォト物撮り作品の制作 小物を使用して差別化!!

 

母の日というと、カーネーションをイメージしますよね(^-^)

 

物撮りで、
私がカーネーションを使用して制作するときに、
どのようにして差別化をするかといいますと。。。

カーネーションの他に、ある物を付け加えます♪

 

ある物とは。。。

小物を使用します

小物は、100均のもので充分ですが、

100均のものは、見ている人には

ダ○○○、セ○○の商品とわかるんですよね。。。(^_^;)

 

作品を制作するには、手間と時間がかかっても、
自分で箱をラッピングするとか、
ひと工夫も必要になってきます。

 

母の日にプレゼントにカーネーションを添えて・・・というような
イメージで撮影・制作するとして、

そのカーネーションについて、次に書きますね(^-^)

 

造花よりも生花の方がとても良い仕上がりに!!

カーネーションは
造花よりも、生花の方がずっと良いです!!
造花を使って撮影も良いですが、
生花の方がずっと「母の日」らしいイメージに仕上がります(^_-)-☆

 

ストックフォトは、テーマを決めてイメージで撮影・制作しますが、

本当に母の日にプレゼントするときは、

造花ではなくて、生花のカーネーションをプレゼントしますよね(^_-)-☆

 

ですが、
数日前にテーマを決めておけば買って用意しておけますが、

思いたって急に制作するときは、
諦めて造花を使うときもありますよね。。。

 

 

「母の日 カーネーション」で検索すると・・・16,788件も素材がありますが、

「母の日 カーネーション プレゼント 箱」・・・500

 

検索結果が少ない件数の中に作品が入れるように
撮影・制作すると良いですヨ(^O^)

 

制作して編集作業 タグ付けも大切!!

 

メインキーワードを「母の日」として、

カーネーションとプレゼントの箱を撮影したら、

編集作業のタグ付けも大切です。

 

「母の日」「カーネーション」「プレゼント」「箱」・・・タグ付けします。

検索結果に作品が現れるようにするには、

大事なタグは、きちんと入れましょう!!
タグ付けのときは、
大事なタグから入れるようにすると、
入れ忘れを防ぐことが出来ますヨ(^_-)-☆

 

「母の日 カーネーション プレゼント 箱」で検索すると、
写真・イラスト素材が500件。(2017年3月12日現在)

 

500件の中からだったら、
お客様が作品を見つけてくれる可能性がありますよね。(^O^)

 

小物を使って差別化して、タグもきちんと入れて、

3つのキーワードや4つのキーワードで検索されたときに、

作品を見つけてくれやすいようにしています。(^-^)

 

活動を長く続けているうちに、
自分で気がついた方法ですが、
こういう方法もある、ということで
少しでも、あなたの作品制作のご参考になれたら嬉しいです(*´ω`*)

 

この記事のまとめです(*´ω`*)

 

ストックフォトサイトに登録して活動されているクリエイターの方は
たくさんいらっしゃいます。
登録されている素材もたくさん!!

その中から、お客様に
あなたの作品を見つけてもらうには、

登録されている他のクリエイターさんの作品と
「差別化する」ことも大切です(^_-)-☆

一緒にストックフォトのこと頑張りましょうね♪(^-^)

 

✽最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。✽

 

 

スポンサードリンク



 

 

こちらの記事も読まれています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ